オール電化・エコキュート・IHクッキングヒーター,システムキッチン、ユニットバスは実績、経験に自信があるオール電化専門店『有限会社ハギヤ電器』におまかせ!

  茨城県稲敷郡阿見町うずら野2−1−1
  有限会社 ハギヤ電器
TEL 029(842)3081
         FAX 029(842)5185
http://hagiyadenki.jp

■CONTENT'S■
HOME
会社案内
業務内容
施工事例
オール電化
導入データ
お問い合わせ

■エコキュート
 ●石油給湯器 → 370Lエコキュート 茨城県土浦市A様】
お使いだった石油給湯器。

盲目のご主人が給油を
するのには
            かなりの重労働でした。

価格も1年前の倍と言う事で
   
省エネのエコキュートにする事を決意!
正面から見たところです。

よく見ると鳥居配管になってます。

保温材も少々薄く、よく凍結してたそうです。
≫工程@ 基礎工事
基礎工事の前に配管をチェックです。

配管がコンクリート面から出て、
      またコンクリート内に戻ってます。

当社の経験上、こういう状態だと
 錆びも出てるし必ず地中で漏水しています。
探りを入れるため、ハツリます。

やはり漏水していました。

配管もやり直します。
サン木にて墨出しをして型枠の準備です。
型枠を組み、再度大きくハツリ、
             配管をやり直します。

既存のコンクリートに
差筋アンカーを打ち、
 配管に負荷がかからないように支持します。


同時に砕石も敷設します。
捨てコンクリート打設終了後です。

鉄筋を組み、後日生コンを打設します。
生コン打設完了です。金ゴテ仕上げです。

セメント55kg、砂110kg、砂利200kgを使用
しっかりと養生します。
貯湯タンクの基礎が出来上がりました。
工程A 電気工事
既存の電力量計(メーター)です。

従量電灯Bの50A契約でした。

幹線は計器一次二次側ともに
               
SV14sq×3cでした。
計器取付板を一時撤去します。

幹線は許容範囲内なので張り替えません。

穴を3つ開けます。
一番上の穴から真ん中の穴に通線します。

メーターの2次側から
   ボックス端子台の1次側への配線です。
一番下の穴からアンペアブレーカーの
              1次側へ配線します。

メーター、屋外分電盤を取付けます。

ボックス内にはエコキュートのブレーカを設置。
オール電化用のメーターに取り替えます。

季節別時間帯別電灯の6kW契約
になります。

深夜の時間帯(PM11:00〜AM7:00)が
   1kW7円になります。(従来は23円程度)

なんと従来の7割引です!!
本体への電源、アース、通信線、
        リモコン線の配線を接続します。
≫工程B 配管工事
キレイなユニットバスです

2年ほど前に当社で施工させて頂きました。

どこに何があるかしっかり覚えてます。

風呂接続アダプターを設置する準備です。
まず50φの穴を開けます。
セミオート用の風呂接続アダプターです。
裏側から見た所です。

実は2年前に(こうなる事を予測して)
     2本のPF管を配管しておきました。

ご主人にはちゃっかりしてるなと
             褒められ(?)ました。

貯湯タンクへの接続も保温を
              残すだけとなりました。
保温材を巻き終わりました。
≫工程C 試運転(通水・満水・水圧テスト含む)
≫完成
完成写真です。

配管接続部前面には脚部化粧カバーを取付。

脚部には3ヶ所の
SUSアンカーボルト締め。


さらに耐震固定金具で壁面に固定します。
正面から見たところです。

窓も隠れずすっきり収まりました。

370Lエコキュート セミオートタイプ

National / HE-K37ASS

8年パーフェクト保障にもご登録されました。

安全弁、減圧弁などの
    メーカー保障対象外の消耗品まで

              8年間の無料保障!!

これで安心のオール電化ライフの始まりです!
■オール電化機器8年保障
茨城県南地域初!
 オール電化関連機器の
    8年パーフェクト保障!

     詳しくはこちら

■リンク

 ≫ オール電化JP