オール電化・エコキュート・IHクッキングヒーター,システムキッチン、ユニットバスは実績、経験に自信があるオール電化専門店『有限会社ハギヤ電器』におまかせ!

  茨城県稲敷郡阿見町うずら野2−1−1
  有限会社 ハギヤ電器
TEL 029(842)3081
         FAX 029(842)5185
http://hagiyadenki.jp

■CONTENT'S■
HOME
会社案内
業務内容
施工事例
オール電化
導入データ
お問い合わせ

■エコキュート
 ●石油給湯器 → 370L薄型エコキュート 茨城県阿見町M様】
お使いだったのは石油給湯器。

2年前までは太陽熱温水器も使用してました。
  漏水してたので撤去せずに放置してました。

手前の黄色いのは

     昔お使いだったガスの風呂釜です。


今回の工事で全撤去します。
石油タンクの裏のスペースに
  エコキュートの貯湯タンクを設置します。


実寸幅48pの場所
    幅
44pの貯湯タンクが入る予定です。
別の角度から見たところです。

どこを探してもここしか置く所がありません。
≫工程@ 基礎工事
おなじみの基礎工事です。

掘削して型枠を組みます。


(マウスオンで別角度)
フーチングの高さまで
          砕石を敷き詰め転圧します。


使用砕石量は
50kgです。

(マウスオンで別角度)

鉄筋を組み、捨てコン打設です。

(マウスオンで別角度)

生コン打設完了です。金ゴテ仕上げです。

セメント55kg、砂110kg、砂利200kgを使用


(マウスオンで別角度)
型枠を外しました。

貯湯タンクの基礎が出来上がりました。

(マウスオンで別角度)
工程A 電気工事
既存の電力量計(メーター)です。

単相2線式 30A契約でした。

引込線、幹線、分電盤を取り替え、
        
単相3線式に切り替えます。
計器取付板を一時撤去します。

屋外分電盤を取り付ける準備です。

穴を2つ開けます。
幹線を張り替え、穴から穴へ通線します。
    
メーターの2次側から
         端子台の1次側への配線です。

穴は必ずコーキングで処理します。
計器取付板を取り付け、
    既存のメーターで一時復旧させます。

屋外分電盤も取付けます。

ボックス内にはエコキュートのブレーカを設置。
後日、引込線、メーターを取り替えます。

季節別時間帯別電灯の6kW契約
になります。

深夜の時間帯(PM11:00〜AM7:00)が
   1kW7円になります。(従来は23円程度)

なんと従来の7割引です!!
分電盤も新しいものに交換しました。
本体への電源、アース、通信線、
        リモコン線の配線を接続します。
≫工程B 配管工事
貯湯タンクもぎりぎりで搬入できました。
給水配管です。

既存から配管を延長します。

配管は
HIVP20Aです。
給湯配管です。

これも既存から延長します。

配管は
Cu15Aです。
風呂配管、リモコン、
        電源用の保護管を敷設します。
排水の配管です。

近くの
汚水枡まで配管します。
貯湯タンクへの接続も完了です。
保温材を巻き終わりました。
ユニット間の配管です。

エアコン用の配管化粧カバー保護します。
長らく放置してあったソーラーも撤去します。

(マウスオンで別角度)
≫工程C 試運転(通水・満水・水圧テスト含む)
台所リモコンにて試運転中・・・
≫完成
完成写真です。

配管接続部前面には
脚部化粧カバーを取付。

脚部には4ヶ所の
SUSアンカーボルト締め。


さらに耐震固定金具で壁面に固定します。

(マウスオンで別角度)
遠目から見たところです。

搬入に苦労しましたが、すっきり収まりました。

370L薄型エコキュート フルオートタイプ

National / HE-37W3QWS

フェンスを戻し、完了です。
8年パーフェクト保障にもご登録されました。

安全弁、減圧弁などの
    メーカー保障対象外の消耗品まで

              8年間の無料保障!!

これで安心のオール電化ライフの始まりです!
■オール電化機器8年保障
茨城県南地域初!
 オール電化関連機器の
    8年パーフェクト保障!

     詳しくはこちら

■リンク

 ≫ オール電化JP